ホットヨガとスタジオヨガとの違いは?

ホットヨガとスタジオヨガとの違いは?

そもそも”ホットヨガ”とは、室温39度前後、湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガを意味します。
通常より高い気温の中で行うホットヨガは、
セレブやアスリートが火付け役となって流行しました。

 

この室温は体を一番柔軟にするとされる温度であり、多湿な環境は発汗を促します。
ヨガのゆっくりとした動きやポーズは、
自然に筋肉を伸ばすことや、インナーマッスルを鍛えることを目的としています。

 

スタジオヨガとの違いは、ホットヨガは高温多湿の環境で、早い段階から筋肉を柔軟にするため、
より効率的に無理なく筋肉を伸ばすことができるという点が挙げられます。

 

また、大量の汗をかくので、ダイエットにも適していると言えるでしょう。

 

身体が温められるため、筋肉や軟骨が膨張し伸びやすい状態になり、
主に交感神経が優位になります。

 

そのため、ホットヨガは活動的で健康的なエクササイズとして取り組みたい方に向いています。

 

一方、スタジオヨガは主に副交感神経が優位になるため、
よりリラックスしたい方に向いています。

 

ヨガには「気持ちよさ」がとても大切な要素です。

 

ホットヨガにせよ、スタジオヨガにせよ、自分に合うものを選ぶのが一番効果的と言えます。

 

大量の汗をかくことは、通常ではあまり得られない環境なので、気持ちの良いことですし、
スタジオヨガは、普段の状態に近いので
自分の身体の声を聞きやすかったり、
身体に負担をかけすぎないので続きやすいというメリットもあります。

 

気になる方は、両方を体験してみて、ご自身に合った方を選んでみてくださいね。